グルメの食材を持参して楽しむ会食

バナー

グルメの食材を持参して楽しむ会食

一般家庭で会食を楽しむ際には、参加者がグルメの食材を持ち込んで、互いに協力して料理を作って楽しむこともできます。

相手がサンマを持ってきた場合において、片方の人が松茸を用意すれば、素材の優越には差が出てしまいます。

あまりにも安価なものは良くないのですが、豪華過ぎるものを選んでも気が引けてしまうため、絶妙な金銭感覚で素材選びをすることが大切です。
複数の参加者が牛肉や野菜類を持ってきた場合には、主人が腕をふるう形で、すき焼きの料理を作れば楽しいものです。

あるいは、魚介類の素材が集まった場合には、会食を鍋料理のパーティーにして楽しむことができるのです。

飯田橋の鉄板焼きの詳細についてはこちらです。

従来の会食のイメージとは異なることがあっても、汁講の伝統から考える場合には、自由なグルメの発想として受け入れることも可能です。

戦国時代には盛んに行われた汁講は、参加者がご飯だけを持参して、もてなす側の主人は汁物料理を出す仕組みでした。

このような習慣を現代の会食の中でも取り入れることで、グルメの文化にも広がりが生まれ、互いの人間関係を豊かにすることができます。

Girls Channelの情報を多数ご用意したサイトです。

親戚同士が集まる場合には、うどんや蕎麦の材料を持参して、大勢で協力して麺料理を作れば連帯感が生まれます。



あるいは、多くの人が旬の山菜を持参して、会食の料理で天ぷらを作ってもらうようにすれば、旬の美味しさを大勢で楽しめることになります。このような習慣は年間を通じて行うようにすれば、多くの人が信頼関係を築きながら、食文化の発展にも貢献できます。