肉は食べると幸せになる

バナー

肉は食べると幸せになる

人間が肉を食べ始めたのはおよそ9000年前で、移動する時に野生動物も連れて行きました。

家畜は人間が食べない残飯を与えても脂肪を蓄積させることができ、食料に困った時のエネルギー源になります。


肉に含まれている脂肪分は炭水化物の2倍のカロリーがあるため、一度にエネルギーを補充するのに適した食べ物と言えます。



現在の人間が肉を食べたいと感じるのは、本能によるものです。
セロトニンという物質が脳内で大量に作られると、細胞が活性化して楽しいといった感情が生まれます。

高揚感をもたらすセロトニンの原料はトリプトファンで、楽しい気分になりたい時には本能的にトリプトファンを求めます。

トリプトファンはタンパク質を多く含む食材から摂取できますが、大豆のような植物性タンパク質ではなく、肉の動物性タンパク質を食べる必要があります。

トリプトファンが少ない植物性タンパク質を摂取しても、トリプトファンが脳内に入りにくいのでセロトニンはあまり増えません。

ダイエットをしている人はカロリーを気にして、植物性タンパク質から栄養を摂取しようとしますが、セロトニンの不足を招いて気持ちが落ち込みやすくなります。

川崎の鉄板焼きの情報はここで調べよう。

人によってはうつ病のリスクが高まります。
よって人間は幸せな気分を失わないためにも、肉を食べることが重要です。

セロトニンの量が正常だと、メラトニンという睡眠ホルモンも分泌されるので、体内リズムが整ったり質の良い眠りをとることができます、。

iemoサポートと断言できます。